アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

【怪談動画】逆手拍手



探してた逆手拍手の話 『ゾッとする話』だった。。。
ずっとファンキー中村関連の動画あさってたので、見つからんはずだわ


3:40~
http://youtu.be/5SsdktvBmX0?t=3m40s



ゾッとする話セレクト2



ちなみに関西方面ではタブーとなってる、
データを保存しただけで呪われるという噂の松竹芸能プレゼンツ
「幽霊ホテルの女の霊」も普通に映像を放送に載せちゃってますね


6:00~
http://youtu.be/5SsdktvBmX0?t=6m




※関連記事
ハロプロ8大タブー? 「逆拍手」怖すぎワロタ(´;ω;`)
http://jc02.blog111.fc2.com/blog-entry-2027.html






[ 2012/09/16 10:52 ] オカルト 都市伝説 | TB(0) | CM(0)

【緊急報告。別の時間軸から来ました】ソーマの警告


【緊急報告。別の時間軸から来ました】ソーマの警告

1:ソーマ:2012/08/19(日) 00:58:18.09 ID:62xJzxF70

今から述べることを信じない方もおられるでしょうが、
本当に起きていることのみを記載しますのでどうかお付き合いください。
私は、今みなさんがこの掲示板を見られている世界とは違う、時間軸から来ました。
時間軸が違うだけで、西暦や年月日はこちらと同時進行しています。



2:本当にあった怖い名無し:2012/08/19(日) 00:59:24.25 ID:4yNTYOyf0

はいはい



3:本当にあった怖い名無し:2012/08/19(日) 01:02:03.89 ID:oodzswVU0

パラレルワールドか



4:本当にあった怖い名無し:2012/08/19(日) 01:03:34.11 ID:RHOWOfPc0

よしやれ

オカ板で話題のVIP妄想スレ




まとめWiki
http://www48.atwiki.jp/mousou_yo/

妄想書いてくよー
http://logsoku.com/thread/hayabusa.2ch.net/news4vip/1344352931/
http://hissi.org/read.php/news4vip/20120808/dHpodDIyMVIw.html

今夜も妄想書いてくよー
http://logsoku.com/thread/hayabusa.2ch.net/news4vip/1344439623/
http://hissi.org/read.php/news4vip/20120809/ZGl5bzhOZDkw.html

VIP新予言スレ【妄想書いてくよー】
http://logsoku.com/thread/toro.2ch.net/occult/1344361859/
http://hissi.org/read.php/occult/20120813/TlhzcW0zTWkw.html

VIP新予言スレ【妄想書いてくよー】 2
http://logsoku.com/thread/toro.2ch.net/occult/1344876474/
http://hissi.org/read.php/occult/20120813/TlhzcW0zTWkw.html
http://hissi.org/read.php/occult/20120815/MG9oSkxRcHIw.html



内容的にはヒトラー予言のようでもあり、ヒッピー思想のようでもあり、
ニューエイジ的な匂いもするが
働き方や生き方の暗喩、示唆に富んでいておもしろい


[ 2012/08/26 14:54 ] オカルト | TB(0) | CM(0)

ヒトラーと日本と予言








【1月31日 AFP】アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)がナチス・ドイツ(Nazi)の独裁者になる前の1913年に描いた絵が29日、スロバキアのインターネット・オークションに掛けられ、3万2000ユーロ(約320万円)で落札された。オークション会社Darteが明らかにした。







*この記事を掲載後、アルバルタス社は発売前日に販売計画を変更。雑誌は販売するものの、付録には斜線を引くなどして読めなくする措置を取った。









「…“2つの極”はますます進む。1989年以後、人間はごく少数の新しいタイプの支配者たちと、非常に多数の、新しいタイプの被支配者とに、ますます分かれていく。一方は、全てを操り、従える者。他方は、知らずしらずのうちに、全てを操られ、従わされる者たち。

しかも進むのはそれだけじゃない。人間がそうなるにしたがって、地球にも宇宙にも大変動が起こるのだ。1989年以後、人類には宇宙から、かつてないカタストロフィ(大破局)が近づくのだ。

若いころ私は、『我が闘争』に、いずれ人間が大自然から復讐されると書いた。それが1989年以後の状態だ。人間が思い上がって宇宙の自然を犯すため、宇宙が人類に復讐の災厄を下すのだ。そしてそれが人類を、想像を絶する究極の状態にみちびいていく。私が生まれてから150年後、21世紀に来る究極に。私自身もそれを霊感ではっきりと見てさえ、信じられないような究極に。」


「…(20世紀末は)たとえ表面はデモクラシーや社会主義の世であろうとも、実質はナチズムが支配していよう。デモクラシーの国も社会主義の国も、われわれナチスの兵器を競って使い、殺し合い、社会は私の望むとおり、強く支配する者と支配される多数者に分かれていよう。それは天変地異の期間でもある。人類は大自然から手ひどく復讐される。気候も2つに分かれ、激しい熱と激しい冷気、火と氷、大洪水と大旱魃(かんばつ)が代わる代わる地球を襲うだろう。」


「だからその中から『超人(ユーベルメンシュ)』が現われる。もはや普通の人間ではそういう危機を制御できない。それに対応するため人類は超人たちを生み、超人が世界や気候を、人間や戦争を治めることになる。

つまり天変地異の下に生きる多数者。それを支配する少数者。その陰で実質的に世界を操る超人グループ。これが、私の予知する21世紀の世界である。」


「しかし諸君、さらに重大なのは、私がいま、これを話している100年後のことだ。それを告げるためにこそ、私は今日を選んで諸君を招いたのだ。今日から100年後といえば、すなわち2039年1月25日だ。

諸君にはわからないだろうが、そのとき人類には真の究極の状況が起こっている。そのとき人類は──少なくとも、いま言っているような意味での人類は、2039年1月、地球からいなくなっているのだ。」


「それは諸君、何かの異変か大戦か災害のために、2039年、人類が残らず滅びるという意味ではない。たしかに、それまでに多くの大難が続けて起こる。1989年から1999年まで、世界は続けざまの天変地異と戦乱の中にあるだろう。そのため一部の恵まれた国を除き、多くの国が飢える。いくつかの国は崩れて燃える。毒気で息絶える街もある。

2000年以後は、それが一層ひどくなる。2014年にはヨーロッパの3分の1とアメリカの3分の1が荒廃してしまう。アフリカと中東も完全に荒廃する。結局、いまの文明は砂漠しか残さない。

しかし人類はそれでも滅びない。わがドイツの一部と米ソの中心部、日本や中国は深い傷を負いながらも生き残る。ただ諸君、それでも人類はいなくなるのだ。いまの意味での人類は、そのときもういない。なぜなら、人類は2039年1月、人類以外のものに“進化”するか、そうでなければ“退化”してしまっているからだ。」


(略)

「ナチスは敗れる。第二次世界大戦で敗れる。しかしそれは、単に私の作戦が間に合わなかったというだけだ。我々が敗れようと敗れまいと、新しい人類の歩みは進む。

超人へ。脳と肉体の進化へ。自己と世界を完全にコントロールできる新しい種族。……それが現われる。ハーケンクロイツの日に現われる。

そのときナチスは甦(よみがえ)る。全てに勝ち、すべては変わる。その日こそ、人類はもう一度、我々の前にひざまずくのだ!」


(略)

「よろしい、では解説してやろうハンス。私が言った未来に現われる『永遠の未成年者集団』というのは、もちろん、死ぬまで大人になりきれない人間たち、ということだ。

そんなことは、厳しい正常な社会ではありえない。だからそうなる背景には、甘やかされた異常な社会が当然ある。その中で、同じように大人になりきれない親に、愛玩動物のように育てられるため、子どもも成人しても真の大人になれないのだ。」


「しかしハンス、じつはそれだけじゃない。私が本当に言いたかったのは、そのことではない。

未来社会には、そういう『永遠の未成年者集団』が現われる一方で、幼いときから大人の思考と感情を持った人間たちも現われるのだ。信じられないだろうが、彼らは胎児のときからさえ、そのように教育される。5つか6つで一人前の理屈と判断力を備え、13、4歳にもなれば、並の大人を指揮するほどの力を持つようになる。

つまり両極端ということだ。肉体が大人で感情が幼児のようなグループと、肉体はまだ青春期にまでいかないのに、思考と感情が大人を超えるグループ……」


「しかもハンス、それは人間の発育状況だけじゃないのだ。人類と社会のあらゆることが、未来には、そのように両極端に分かれてしまうのだ。

たとえばカネだ。一方には腐るほど大量のカネを持ち、広く高価な土地を持ち、労せずして限りなく肥っていく階級が現われる。貴族とか新しい中産階級とか言ったのはその意味だ。

だが少数の彼らが現われる一方、他方の極には、何をどうやっても絶対に浮かび上がれない連中も現われるのだ。

それはカネだけの問題でもない。より正確にいえば、精神の問題だ。限りなく心が豊かになっていく精神の貴族、精神の新しい中産階級が現われる半面、支配者が笑えと言えば笑い、戦えといえば戦う『無知の大衆』『新しい奴隷』も増えていくのだ。」


「人間だけではない。国もそうだ。恐ろしく豊かな、労せずして肥っていく国が現われる。他方、何百年かかっても絶対に払いきれないほどの借金をかかえ、水一杯すら容易に飲めない国も現われる。

気候もそうだ。とほうもない旱魃や熱波におそわれる国と、寒波や洪水におそわれる国が出る。災害におそわれつづける地域と、楽園のような地域、人っ子一人いなくなる荒地と、無数の人間が鼻をくっつけ合って生きる都会とが分かれる。

愛もそうだ。特定の男女にだけ、愛と肉体の快楽が集中する。一方、一生に一度の真の愛も快楽も得られない男女も増える。要するに、土地や金や支配力を得る者は、ますますそれを得、支配される者はますます支配されるだけになる。そうだハンス、それが未来なのだ。私の見た未来だ。未来はそうなるのだ……」


「それは1989年だ。そのころ実験は完成する。人間は完全に2つに分かれる。そこから引き返せなくなる。そうだハンス、その完成と更に新しいアプライゼ(スタート)の時期が1989年4月に来るのだ。」




















[ 2012/08/22 20:34 ] オカルト 都市伝説 | TB(0) | CM(0)

アインシュタインと日本と予言


 近代日本の発展ほど世界を驚かせたものはない。
 一系の天皇を戴いていることが今日の日本をあらしめたのである。
 私はこのような尊い国が世界に一ヶ所ぐらいなくてはならないと考えていた。
 世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か争いは繰り返されて、最後の戦いに疲れる時が来る。
 その時人類は、まことの平和を求めて、世界的な盟主をあがなければならない。
 この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、あらゆる国の歴史を抜きこえた最も古くてまた尊い家柄でなくてはならぬ。
 世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。
 それにはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
 われわれは神に感謝する。
 われわれに日本という尊い国をつくっておいてくれたことを

 







世界最終戦論

『世界最終戦論』(せかいさいしゅうせんろん、世界最終戰論)は、大日本帝国陸軍の軍人である石原莞爾(いしわら かんじ)の代表的著書である。『最終戦争論』(さいしゅうせんそうろん)とも呼ばれる。1942年(昭和17年)出版。「世界最終戦争論」ではない。


(略)


最終戦争
最終戦争では航空機や大量破壊兵器によって殲滅戦略が実施され極めて短期間のうちに戦争は終結することになる。このような最終戦争を戦う国としてはブロック化したいくつかの勢力を列挙することができる。つまり世界はヨーロッパ、ソビエト連邦、東亜、南北アメリカの連合国家へと発展し、つまり日本の天皇を盟主とする東亜と、ヒトラーを中心としたヨーロッパ対アメリカを中心とした南北アメリカと、中立のようだが南北アメリカ寄りのソ連の対立となる。しかしヨーロッパは大国が密集しているため、うまくまとまることができない。ソビエト連邦は全体主義でいかにも強そうに見えるが、ヨシフ・スターリンの死後は内部崩壊する。そうなると、東亜連盟と、アメリカ合衆国の決戦となる。その決勝戦(最終戦争)に勝った国を中心に世界はまとまることになる。これは東洋の王道と西洋の覇道のどちらが世界統一において原理となるのかを決定する戦争となる。







戦後の活動

石原は、東條との対立が有利に働き、極東国際軍事裁判においては戦犯の指名から外れた。

戦後は東亜連盟を指導しながらマッカーサーやトルーマンらを批判。また、戦前の主張の日米間で行われるとした「最終戦争論」を修正し、日本は日本国憲法第9条を武器として身に寸鉄を帯びず、米ソ間の争いを阻止し、最終戦争なしに世界が一つとなるべきとし、大アジア主義の観点から「我等は国共いづれが中国を支配するかを問わず、常にこれらと提携して東亜的指導原理の確立に努力すべきである」と主張した。

実生活においては自ら政治や軍事の一線に関わることはなく、庄内の「西山農場」にて同志と共同生活を送った。





『どうも日本という国は、古い国だと聞いたから、これには何か立派な原因があるだろうと思って、これまで訪ねて来た日本の学者や政客等に就いてそれを訊ねても、誰も話してくれない、私の国にはお話し申す様な史実はありませんとばかりで、謙遜ではあろうが、あまりに要領を得ないので、心ひそかに遺憾におもって居たところ、今日うけたまわって始めて宿年の疑いを解いた、

そんな立派な歴史があればこそ東洋の君子国として、世界に比類のない、皇統連綿萬世一系の一大事蹟が保たれて居るのである、世界の中にどこか一ヶ所ぐらい、爾(そ)ういう国がなくてはならぬ、というわけは、今に世界の将来は、段々開けるだけ開け、揉むだけ揉んだ最後が、必ず争いに疲れて、きっと世界的平和を要求する時が来るに相違ない、そういう場合に仮りに世界各国が聚って其方法を議するとして、それには一つの世界的盟主をあげようとなったとする、扨(さ)ていかなる国を推して「世界の盟主」とするかとなると、武力や金力では、足元から争いが伴う、そういう時に一番無難にすべてが心服するのは、この世の中で一番古い貴い家ということになる、あらゆる国々の歴史に超越した古さと貴さを有(も)ったものが、だれも争い得ない世界的長者ということになる、そういうものが此の世の中に一つなければ世界の紛乱は永久に治めるよすががない、果たして今日本の史実を聞いて、天は人類のためにこういう国を造って置いたものだということを確め得た』


(中略)


 田中智学が紹介しているこの言葉の語り主は、一九世紀ドイツの国法学者で、明治憲法の起草にも影響を与えたローレンツ・フォン・シュタインである。明治の元勲の一人である海江田信義が、一八八七年にウィーンのシュタインのもとで憲法に関する講義を受けたとき、シュタインが海江田にこう語った、と田中智学は書いている。

 もうおわかりであろう、【シュタインの言葉】がいつの間にか【アインシュタインの言葉】にすり替わってしまったのである。








もう一つの「アインシュタインの予言」

「第二次世界大戦では原子爆弾が兵器として利用されましたが、第三次世界大戦が起こったら、どのような兵器が使われると思いますか?」というインタビューを受けたアインシュタインが「第三次世界大戦についてはわかりませんが、第四次大戦ならわかります。石と棍棒でしょう。」と答えたというもの。[要出典]これは「予言」というよりはむしろ、第三次世界大戦は全面核戦争である故、人類文明の崩壊は必然であるという「警句」である。





ナショナリズムが関係するとどこからともなく現れる
元・精神科医の方は、今回の騒動には何の言及もしてないのかな。



な・い・し・ょのエンペラーマジック (Audio Only)


坂本龍一
山崎春美
1981年









 ちょうどそのころ、エジソンは、人から人へ想念を伝達する実験に、取り組んでいたが、これは失敗に終った。この実験について彼は、『日記と雑録』に次のように書いている。
「さまざまな方法で、1人の人の想念を他人に伝えるための実験に着手したが無惨な結果に終った。たとえば、4人の被術者の頭部に電気装置を固定し別々の部屋に配置する。また、今度はその4人を同じ部屋の四隅にすわらせ、徐々に中心部に近づけてゆく。最後には互いの膝がくっつく位まで近づけたが、何の好結果も得られなかった。リーズならば、いかなる装置も条件も要さず能力を発揮するものを……」
 エジソンの理論によると、空中には顕微鏡でも見えない微細な物質粒子が存在する。それらは、巣の中の蜂のように群れをなし、精神を緊張することで、指示を与えることが可能だ。
 この理論は、科学者仲間から「科学者らしからぬ……」として非難されていた。
 しかし現代社会においても、霊魂、死後の世界、記憶といった種類の神秘を、解明できないことを考えあわせれば、エジソンは間違っていた! と誰がいえるだろう?
「生命は物質同様、滅ぼすことのできぬものである。この世には、常にある量の生命が存在し、その量は一定であろう。生命とは、創造も、破壊も、増殖することもできないのだ」
 というのがエジソンの信念であったのである。

(略)

 エジソンの実験室に、何度目かの訪問をしたダニンジャーは、ある時、死者と交信するために彼が完成させようとしている奇妙な装置を見せて貰ったと述べている。他にそれを見た者は誰もいないという。
 エジソン死去4年後の、1935年に、彼の書類綴りと研究中の装置類は徹底的な調査を受けたが、オカルトの研究めいたものや、実験装置の中にも、来世と交信するためにエジソンが使用したらしいものは、何ひとつ見つからなかったのである。
 しかし、交信は行なわれた。ただし方向が逆だったのである。その意味は、エジソンの死の瞬間一一1931年10月18日午前3時24分一一に、不思議なことが起った。彼の助手の中の3人の時計が彼の死亡時刻に止まったのである。また、その3分後に実験室の“おじいさんの時計”も停止した。



[ 2012/08/21 20:50 ] オカルト 都市伝説 | TB(0) | CM(0)
Loading