アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

映画『ゴジラ-1.0』観てきた! ネタバレ感想








オタクにはすこぶる評判の悪い山崎監督
だけど、映画会社の要求を一応呑みつつ納期内で完成できるの、この人くらいじゃ?













前日に上記動画を閲覧


公開初日、バルト9の9:25回で鑑賞
ハロコン上映の既知があったため、見やすい真ん中付近の席を選択
朝の上映なのに、みんなホットスナック食べるんですね
8時のドルビーアトモス上映は人多すぎていい席とれなかった


ネタバレ感想ですけども、、、、、、












よかったです><!!

さすが、庵野監督を向こうに回して舞台挨拶するだけある
めちゃくちゃ丁寧に作られとるなと





ほぼメタルギアなゴジラが脅威脅威の大脅威




今回のゴジラ、造形的には平成ゴジラ+ハリウッドゴジラなので、シン・ゴジラの原点回帰異形ゴジラが好きな人からしたら、あまり好みじゃないというか、ソフビも買う気になれないとは思うけども、着ぐるみじゃないゴジラの良さが上手く出てて、よかったです
(直後、下の階にあるゴジラストアめっちゃ行列だったけど、ゴジラの日イベントと連動してたのかな)


庵野監督も「銀座よかった」と言ってたけど、本当にね、銀ブラゴジラ最高よ
CGだからこそやれる、尻尾アクション
尻尾マリオみたいに尻尾振ってレトロな銀座の建物を破壊するゴジラね
コレ観れただけでも満足
ビルの上で実況中継してるやつ、いや、そうなることわかるやろ! というところも含めて、よい


そのあと電車をくわえる往年のゴジラアクションありつつ、カメラぐいーんなって、浜辺美波のパニック映画感
これ、昭和特撮の人たちが撮りたかった画だろうなと
浜辺さんは『シン・仮面ライダー』に続いてツンデレヒロイン


今回のゴジラは、放射熱線がヤマトの波動砲スタイルなので、一発一発がとにかく重い
それがいいですよね
移動式核ミサイルランチャー、つまりメタルギアなわけで、銀座で小型核爆弾ぶっぱなす絶望感たらない
そんで典子が敷島をかばって爆風に飛ばされた時の絶望感
典子の犠牲で自分だけが生き残ったという絶望感と、水蒸気と泥を巻き上げたあとの黒い雨演出とか、とにかくエグい
山崎監督、ここで全部いままでのマイナスをチャラにしてきよる





ベタなストーリーでゴジ泣き




もう、この年になると涙もろいからさあ!!!
山崎監督のお得意の泣きライン、もう手癖で書いたようなシナリオで泣くからさ、こっちは!!!
いや、本当に
シナリオ自体は、本当に、よくあるというか、ベタだし、まあ、そうなりますよねってゆー
脱出装置にしても、そうなりますよねと、ラストに関しても、そうなりますよね、最後の最後も、まあ、そうすよねと
でも、まとまりがよすぎて、ゴジラ映画という枠のおかげで、全部安心して泣ける
とくに子役の泣き演技よかったわ


ただ、最初にゼロ戦の機銃撃てなかった理由なんやねんってゆーのだけ





好きなシーン




・重巡洋艦高雄登場
ここ最高にアガる
機雷を口で爆発させても高速再生するチートモンスターで絶望だ!ってなった直後に高雄の攻撃がゴジラに命中するとこ最高によい
その直後、海中からの放射熱線一撃で沈む絶望感もさらによい


・焼野原東京
山崎監督の本領、チャチくない焼野原な東京、すばらしい、、、
文字や漫画の創作なんかで読んだ、大通りは復興してるけど、少し離れるとまだバラック小屋ばかりみたいなものを見せてくれる、この贅沢



残念なシーン




・ゴジラの吠え方
ゴジライキりすぎなんよ!
もっと王者の風格で堂々と上を向いて吠えればいいのに、なんか、そこで吠える意味なんやねんていうのが多かったよ!



・ゴジラのテーマ
曲名合ってるかわからんけど、今回の映画、往年の曲使われてて、それはいいんだけど、ゴジラのテーマ曲が、銀座上陸、わだつみ作戦、EDと、三回かかるから、いや、銀座だけでいいよ!ってなったな
まあ、ゴジラといえば、な曲だからしゃーない



・ラストのアレ
あともうすこし、生々しいスリ傷とかあれば、もっとよかった!
でも日本映画だからしゃーない、あれがギリギリ山崎監督のやれるライン!





そんな感じで、本当に、娯楽大作として、よかったです
終戦で日本が武装解体され、オキュパイしてる米軍もソ連との兼ね合いで派手に動けない、という状況が山崎監督の民間の群像劇みたいな作風と相性よくて、安心して見れたし、ゴジラが怖くてカッコよかった









関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Loading