アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

モーニング娘。'22 譜久村聖バースデーイベント 捕捉捕捉の大捕捉




モーニング娘。'22 譜久村聖バースデーイベント @カルッツかわさきホール 2022.11.02



これは「2022年」に行われた譜久村聖のBDイベに関する捕捉です






モーニング娘。'22 譜久村聖バースデーイベント @カルッツかわさきホール 2022.11.02
http://jc02.blog111.fc2.com/blog-entry-5982.html



このイベントに関してはレポートをあげているんですが、
書いた翌日に、書き忘れたことがあったことを思い出して、
それについて近いうちに捕捉という形で書き足そうと構成まで考えてたのだけど、、、
少し後にちょっとした騒動が起こり、それも絡めて書こうとしたら、
そのまた少し後にフクちゃん自身の卒業発表があって、それも絡めて書こう、書こうとズルズル
結局、2023年のバースデーイベント当日の朝にこれを書いてる




YOUR SONG~青春宣誓~








1. いいことある記念の瞬間
2. 言えずのI LOVE YOU
3. イマナンジ?
4. スッピンと涙
5. YOUR SONG~青春宣誓~
6. WE ARE LEADERS!~リーダーってのもつらいもの~
7. 信じるしか!
8. 信念だけは貫き通せ/青春のカスタード
9. シャララ!やれるはずさ
10. 大人生!〜Never Been Bitter〜/愛あらばIT'S ALL RIGHT



毎回歌う曲ってすっごく悩むんだけど
今伝えたい、歌いたい、届けたい楽曲
今年もなんとか選べました〜笑

今年もギリギリっ笑
決まって良かった〜
そして歌いながら、この曲歌って良かったなって思えました🦄🌸


M2.3.4.7は表現を楽しみたかった楽曲
M5は皆さんに向けて特に届けたかった曲

ありがとう☆譜久村聖
https://ameblo.jp/morningmusume-9ki/entry-12772545436.html




「M5は皆さんに向けて特に届けたかった曲」


これですね
「特に」だからスッペシャルなんでしょう


前回のレポートでは書くの忘れてたか、迷って省いたか不明だけど、フクちゃん、ステージ退場時に、客席に手を振りながら
「また、前みたいな時代が来るといいね」と言ってたんですよね
当時はまだコロナ禍の声出しNGであり、ロシアによるウクライナ侵攻などもあり、そういう発言になったんだろうなと


じゃあ『Be Alive(モーニング娘。)』で良くない?? というのもありつつ
のちに後藤はなが2023年の実力診断テストで『Be Alive』を歌ったり、おそらくその流れで筒井ろこも自身のBDイベントで歌ったりもしたんだけど、じゃあなんでフクちゃんは『青春宣誓(松浦亜弥)』だったのか
せっかくならモーニング娘。の曲じゃない曲を歌いたかった?
でも、イベントのラストは、モーニング娘。の当時の新曲『 大人生!〜Never Been Better〜』を歌ってるんですよね






これを1人で歌うのも大概ヤバい




つまり、この『青春宣誓』という選曲は、ファンに、というよりは、彼女の曲が届くすべての人に伝えたいメッセージがあったということになる
じゃあそれは何かというと、やっぱり「ひとに優しくなろう」という部分だと思うんですよ
そこに、フクちゃんの想いの全てが集約されている


と、こういうことを書こうと思っていたら、例の騒動が起こってしまう




アイドルの深淵へ




譜久村聖
https://ameblo.jp/morningmusume-9ki/entry-12779021720.html



これこそまさに「ひとに優しくなろう」案件!
この一連の騒動に関する私自身の感想としては、、別にいきさつはどうでもいい
いや、本当にどうでもよくてですね、こういうのがあった時の一部ヲタの自治厨みたいなツイートなんやねん、お前が呪いの再生産しとるんやぞ、そういうとこやぞ、というくらいで



中にはずっと同じメンバーで続けていくグループも沢山いらっしゃるので、私にとっては前例がどうとかではなく もう一緒に活動出来ないのか~という寂しさで6年間を短いと表現しました。





うん、そこは「長いようで短い、そんな6年間」とかって表現にすればよかったな、、、
あのな! フクちゃん、そのへんアホなんだから、そこは察しろ! ってだけで
フクちゃんは基本、ハロヲタで、ヲタ内で上がってる議題も把握してるって忘れんなよ!


むしろ、このエントリーで、フクちゃんのアイドル観というものに言及されているのが貴重



多くの方が目にするブログで自分の感情を載せすぎるのは良くないと思っているので、マイナスな感情はブログであまり書いていなかったのですが





これな
そう、フクちゃんのブログってそうよねって
この、アイドルとしての態度、特にリーダーになってからのフクちゃんのブログにはそういう傾向が見られて


「もの言わぬアイドル」というのか
先代ハロー!プロジェクトリーダーの和田彩花が、リーダーになってからは特に「もの言うアイドル」になったから(それがいいか悪いかは別にして、というか、これについても先述通り)、それと比べられて、一部の人にとっては、フクちゃんはリーダーとしては頼りなく映ってしまうかもしれない
でも、フクちゃんの態度としてのアイドル観の露出というものはあって、その選択が「もの言わぬアイドル」なんですよね


これは突き詰めると、これからこのブログで書こうとしているアイドルに関するいくつかの仮説に至ると思うので、後に回すけど、このフクちゃんのエントリーを読んで確信したのは、フクちゃんもまた、まーちゃん(佐藤優樹)と同じく、アイドルの深淵に到達していたんだなと
そして深淵にたどり着いたものは、まだ何者でもない少女の総体であるモーニング娘。からは卒業していくんだ、ということ
そういう流れになってゆく
本人が望むと望まざるとにかかわらず
それは”器”としてのアイドルの宿命


はっきり言って、フクちゃんなんて、芸能界というものには何の未練もない人だから
続けている理由があるとすれば、それはファンのためと、ハロプロのためでしかなく、その結果としての、まだ見ぬファンの獲得がある


フクちゃんのアイドルの原点、彼女が、ハロー!プロジェクトのメンバーとしてデビューしなければならないと本気で決意したその原点は、エッグ(現研修生体制)時代にもらった、数通のファンレターだから
せめて、この人たちのために頑張ろうという想い
デビューしてからは、1人でも多くの研修生たちがデビューできるように、その環境づくりのために活動してきた
そこに、現在に至る、彼女のアイドルとして歩んできた道がある









宮本「みずきちゃんはハロプロエッグの星というか、私もああいう風になりたいと思って活動してきた」
譜久村「みんながデビューして、研修生というものがなくなってほしい」





今年は特に気持ちが上手く伝わらないなと悩む事が多くなり悲しい気持ちにもなりました。

モーニング娘。が日本を平和にしていきたいのに
なんだか違う方向に行ってることが、悲しくなってしまいます。





「モーニング娘。が日本を平和にしていきたいのに」


これ、マジで言ってるからな!!!

ひとに優しくなろう





そして卒業発表




モーニング娘。'22 譜久村聖バースデーイベント 捕捉捕捉の大捕捉

ご報告☆譜久村聖
https://ameblo.jp/morningmusume-9ki/entry-12781319167.html



一生懸命でどこか不安気な姿だった新メンバーも気付けば自分らしさや個性を武器にし、楽しく輝いてる姿を見せてくれています。
そんな姿を見ていると私も幸せな気持ちになります。 そんなみんなをもっと見たいというのが私の夢でもあります。




うん、それはフクちゃん自身もだからな!
デビューしたてのとき、嬉しくてはしゃぎたいけど、恥ずかしくてどうしていいかわからずに生田の後ろに隠れていた、あのフクちゃんが、こんなにも立派なリーダーになって
フェスへの参加も、25周年公演も、ディズニー100周年とのコラボも、堂々とやれる、この感慨



9期、9代目、9年 銀河を駆けるアイドル



関連記事
[ 2023/10/30 10:28 ] $レポート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Loading