アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

ぴえんこえてももち





完熟Berryz工房 The Final Completion Box(初回生産限定盤A)(Blu-ray Disc2枚付)




2019年のぴえんブームなんだけどもさ、そういや桃子の描いてたイラストってぴえんぽかったよなー 帰ったら調べてみよーって、ふと思ったん で す yo!(ⓒですよ。)






結論から言おっか





ぴえんこえてももち

ぴえんこえてももち
photo by クリス松村
https://ameblo.jp/chris-matsumura/entry-11641121273.html




ノノ∮‘ _l‘)  まんまじゃねーか!!!!!







ぴえんこえてももち



カントリー・ガールズ「どーだっていいの/涙のリクエスト」リリイベ @池袋sc噴水広場 2016.09.28





さすが桃子は、乙女の最先端を走ってるんやなって。。。




いや、クリス松村よ!
実はクリス松村のブログを先に読んでて、「そういや桃子のことも書いてあったよな」と思ってブログ内検索したっていう順序ね


クリス松村ってさ、結局ナニモノなの?
なんか、メイクさんとか、スタイリストさんなのかなって




外務省職員の長男として、オランダのデン・ハーグに生まれる。祖父は元衆議院議員の高石幸三郎。その後パキスタンに移るが5歳の時に帰国し学習院初等科に入学。秋篠宮文仁親王と学友の実弟、清子内親王(現・黒田清子)の学友で弁護士の実弟もいる。その後イギリスのロンドンへ渡英。その後も米国、カナダ、ブラジル、メキシコ、フランス、オーストリア、ポルトガル、エジプト、ギリシャ、香港で生活を経験している

https://ja.wikipedia.org/wiki/クリス松村



名家に生まれたんやね、、、、


「秋篠宮文仁親王と学友の実弟、清子内親王(現・黒田清子)の学友で弁護士の実弟もいる」
↑ここいる!!?





広告代理店退社後は上原謙のマネージャーを経験したのち[4]、インストラクターに転身。自身が大ファンであるピンク・レディーの曲の振りをフィットネスに取り入れた、「ピンク・レディー・エクササイズ」が盛況だったという[5]。





あ、インストラクター枠ね
アイドル好きを生かしたエクササイズね  ええやん




2005年、三宅裕司のドシロウトに、ピンク・レディーの追っかけ集団「キラキラ隊」の一員として出演すると[5]、いわゆる「おネエ」キャラクターが話題となる。





タモさんばりの芸能界へのぶっこみかたしてるやん…




父親と確執があり、2012年時点で20年近く会っていないという。「父が死んでも葬式には行かない。親子とか血を分けたという言葉には騙されない」と述べている





ほぇー



ってゆー、クリス松村情報 許してにゃん









関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Loading