アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

BEYOOOOONDSの1stアルバム『BEYOOOOOND1St』は、年末に完成する説





【Amazon.co.jp限定】BEYOOOOOND1St (通常盤) (デカジャケット(通常盤絵柄)付)




11/27にリリースされた本アルバム

ZEPPダイバーシティでのライブ当日に予習として聴きまして







はい、『元年バンジージャンプ』から『恋愛奉行』へのテンション最高ね


だって~元年なんだもん♪
ということで、令和元年のうちにやれること全部やるというコンセプトのもと、8月にメジャーデビューにもかかわらず、アルバムは出すはライブツアーはやるわ、DJ KOOは参戦するわで大変なんですから><











一方でこのアルバムは、星部ショウの多ジャンルアイドル歌謡量産マシーンとしてのベンチマークも兼ねてたと思うんですよ
ハロプロのこの先10年の計というのもありつつね
はい、なのでタイトなスケジュールながら、サービス満点の令和印のアルバムになっております




M4,高輪ゲートウェイ駅ができる頃には

CHICA#TETSUは、もう電車ネタで行くねんな!
これ、もう鉄ヲタにしかわからん歌詞の構成になってるやん…
どういう位置関係かわからんよ
彼の方はいつもはどういうルートで帰ってたん
ちな、大崎駅はいつも通過するからリアルく歌詞世界を感じはするよ、いっちゃん
そしてりかちゅんの謎フェイク




M5,We Need a Name!

Only youオーディション加入組による新曲が入りますと発表され、感動してた3人
いや、なんかネタ曲いただいちゃってるけど!?
終始おもろいやん
よくラップ曲で自分の名前をネタにする「MY NAME」系の曲ってあるじゃないですか
その真逆というメタ感もあるっちゃある、ちなクソリアルだし
「みんなお願い、うちらを”その他”と呼ばないで」









とか思ってたら、ライブオンリーでしっかりヒップホップっぽいネタ曲もやったりする
で、ライブで聴いたら、この三人、ボーカルとしてめっちゃいい素材だなっていうのがしっかりわかっていいですよね
特にほのぴの「雨ノ森川海はクール」の”くぅる~ぅ♪”ってとこ、良き
もち、みよーんずの男役ボイスも色っぽいし、さときちの突き抜ける高音も
アルバムオンリーになるかもだけど、ウィーアーアザーの3人の曲増えてほしい




M6,そこらのやつとは同じにされたくない

もう、雨ノ森は大森曲で行くねんな!
詞・福田花音 曲・大森靖子というハロヲタコンビ作なので、アルバム中もっともハロプロ成分高いかもしれん






M7,きのこたけのこ大戦記

ネットミームにツバつけておくっていうのはわかる
ただ、ヒャダインのアップデートされない笑いのセンスはどうなのか
そこをどう許容するかにかかってる曲です!
ライブでは、アフターエフェクト職人によるMVが流れていました
これは、押井守のオシメーションをリスペクトした作りですねー
と感心してたけど、最後まで見てると、ヲタがFSKで遊んでるようにしか見えなくなったぞ!!




M8,小夜曲“眼鏡の男の子”

ほのぴの時間だーーーーーぁぁぁあああ!!!!!!




M10,恋のおスウィング

『眼鏡』サーガのサイドストーリー、お嬢様風なお嬢様2人組こと、島倉さんと岡村さんの主役曲
(メジャーデビュー日の握手では、りかちゅんにみいみっぽく「島倉さんっ」って言うた)
一聴してすぐにわかる児玉雨子のストーリーテリングが抜群
「発車のベルが歌いだしたら」とか、40年代カートゥーンの世界観が素晴らしい
からの「なにを見せつけてくれとんねん!」の振り切りっぷり
少女漫画のギャグシーンそのままやる感じね




M12,元年バンジージャンプ

はい、だいすし
『眼鏡』サーガの一応のエンディング
”元年”だけじゃなく、来年のハロコンでも全員曲で見たい、見たくない?
「なにしたってアニバーサリィ だってだって元年なんだもんっ♪」ってライン最高ね




M13,恋愛奉行

「恋愛奉行にお任せあーれ」は完全に勘定奉行インスパイア系だけども!
この曲大好きすぎてリピートが止まんない
かつて鞘師(幼女期)の人生をキメた『GO Girl ~恋のヴィクトリー』に”恋愛大臣”という歌詞が出てきましたが、こちらは法でさばけぬ惚れた腫れたを白州でさばく恋愛奉行
アンジュルムの『夏将軍』で天下泰平が訪れたので、お奉行様の出番というわけですな








三浦徳子氏作詞で、さすがに引き出しが多いといったところ
ハロプロ印のストロングスタイルなシンセアレンジがライブで聴くと爆アガりですよ
赤羽橋奉行役の高瀬くるみんはあやぱんから閻魔様の衣装を借りてこの曲やってほC




M17,伸びしろ~Beyond the World~

ハロコン2019夏で披露された『でっかい宇宙に愛がある』のゴスペルverの流れか、最後はビヨーンズの飛躍を願うゴスペル調の曲
これもライブで聴くと「え、ハロメン全部出てる?」って錯覚するほど、壮大な曲になってた
これからも、びよ~~~~~んとぶっ飛んでね!
いや、ピアノはほのぴちゃうんかい><





はい


そんないい曲いっぱい詰まった、さすがやなって感じの布陣でしたが、、、
前述したように『きのこたけのこ大戦記』はライブ用にMVが作られていて、YOUTUBEで公開されるかどうかは不明ですが、そこで当然のように、ごく自然にお菓子の「きのこの山」「たけのこの里」が出てくるんですよ
栗饅頭かクッキークリッカーみたいに大量発生しとる
いや、もちろんスポンサーなんかにはつかないでしょうけども、むしろ対立煽ってるような曲やし
「きのこたけのこ、どこが作っとったかな?」って調べたら、meijiね


ん? 株式会社 明治

いや、明治て!!!!!!!!

こっちは令和を生きる新風世代やぞ!




よく考えたら
『元年バンジージャンプ』では

「知らないでしょ、昭和元年 7日間しかなかったこと」
「知らないでしょ、平成元年 消費税3%になったこと」

って、昭和と平成のことも歌ってるんですよね


さらに『恋愛奉行』は”奉行”とか”八百屋お七”というワードもあり、完全に江戸モチーフじゃないですか


あとは大正だけなんよ!(あ、そうなんだ(棒))
大正があれば、令和元年のこのアルバムで近代史をビッヨ~~~~んと飛び越えられるんだけど…
大正製薬のリポビタンDの曲でも作るしかないですね
リポビタンD飲んで深夜まで頑張ってた前田少年が、彼女出来たことによってモンスターエナジーとか飲みだすの
大したことないじゃん!(夢羽)




あ、でも”たいしょう”といえば……


大正 → 大賞 → 輝く!日本レコード大賞 があるじゃない?




これはもう最優秀新人賞、獲るしかないな  だって、元年なんだもん♪

おっとー、一岡超特急 発射の時刻です









関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Loading