アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

大川藍2nd写真集『iamai』イベント特典「特製ブラホック型ブックバンド」



大川藍写真集『iamai』
大川藍写真集『iamai』




高橋愛さんのブログと同じ回文ネタがタイトルの本作
イベント特典の面白ブックバンド、手に入れようと思ったんだけど、写真集5冊購入が条件だったので諦めました


http://www.lespros.co.jp/special/ai_okawa/iamai/






大川藍2nd写真集『iamai』イベント特典「特製ブラホック型ブックバンド」
https://www.barks.jp/news/?id=1000133775








ファッションモデル関連

背景
アイドリング!!!に在籍し、アイドルとして活動を始めたが、元々はファッションモデルを強く志望しており、早い段階から事務所に訴えていた。各ファッション誌の面接を泣きながら回り、苦労して夢を叶えたという。アイドルとモデルでは撮影の流れに違いがあり、当初は戸惑ったと語っている[29]。

JJ専属
ファッション誌『JJ』専属モデル採用の経緯は、大川がJJの編集部で面接を受けていたところ、たまたま通りかかった編集長の目に止まり、すぐに専属が決まったという[30]。専属モデルとして初登場から2か月で初表紙[31]、1年で単独表紙[32]に抜擢されたのはいずれも異例のことと報道された[注 3]。
目標にしているモデルには、木下優樹菜と山田優を挙げている。山田については、モデルのほか「歌やダンス、芝居も出来るから」と語った[21]。JJモデルの活動では、同僚の有末麻祐子が同じ事務所に所属してからは、ペアを組む事が多かった[29][33]。ほか、同世代のモデル仲間では、筧美和子らと親しい[34]。

その他
JJ専属モデルとなる前には、アイドリング!!!名義で「東京ガールズコレクション2011 S/S」(2011年3月5日)に同僚の遠藤舞、横山ルリカと共に出演している[35]。
2013年3月から、ランジェリーカタログ『PEACH JOHN』のレギュラーモデルにも就任していた[10]。下着になる撮影について、水着での撮影に慣れていた事もあって、恥ずかしさはあまり無いと述べている[36]。

グラビア活動
アイドリング!!!の卒業以後は、ファッションモデルと並行してグラビア活動も増えている。グラビアモデルなどに関しては「豊胸疑惑」のゴシップが付き物であるが、大川の場合ランジェリーブランドのモデルを務めていた慣例から、業界からは『100%天然物』である評価をされ、本人も肯定している[37]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/大川藍




関連記事
[ 2016/10/23 12:24 ] アイドル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Loading