アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

加藤紗里「ガリガリサリ」リリース








タレントの加藤紗里が本日2月13日に「ガリガリサリ(feat. RYKEY, 漢 & D.O)」と題した楽曲をiTunes Storeでリリースした。

お笑い芸人・狩野英孝をめぐる三角関係騒動で一躍話題となっている加藤紗里。彼女は2月9日に放送されたテレビ朝日系「ロンドンハーツ」に狩野とともに出演し、狩野は彼女に即興で歌を贈っていた。

加藤はこのときの心境を「やべー英孝がフリースタイルのラップ贈ってきたんだけど~」「これってもしかしてラップバトル挑まれてる?」「みんなも普段さ~、ラップで歌、贈られたらラップで返しちゃうじゃん!?」と自身のブログで説明。自らラップを作るため、テレビ朝日系「フリースタイルダンジョン」を観て知ったという漢 a.k.a. GAMIが代表を務める9sari groupに相談に向かった。

加藤が漢に「彼氏のことですっごい中傷されて」と話すと、これに漢は「俺たちがラップでいろいろ今までの疑惑を聞くから、それにラップで答えてみようか?」と提案。加藤はRYKEY、漢、D.Oとともにレコーディングを敢行し、「安心してください 切ってません 安心してください 縫ってません」と一部でささやかれている整形疑惑をラップで否定する「ガリガリサリ」を完成させた。





曲の内容はともかく、この流れめっちゃおもろいやんけ!
曲名「ガリガリサリ」て!
英孝ちゃんが悪いよエイコーちゃんがー
英孝ちゃん大好きだから50TA名義でアンサーソング作って格の違いを見せつけて欲しいところ。


加藤紗里的にはこの機に乗じ、火をつけるだけつけようって目的が見え隠れはするけども、女子ラップ界隈は男性のギャングスタラップを女子風にしたものや、意識高いアイドルラップばっかなので、こういうちょいリアルなものは全然OKっていうか、最近のアイドルラップって意識高くて聞く気にもならんので流れが変わればいいなー
こういういかにもバカっぽい(安心してください褒めてますよ(棒))声をラップ曲で聞きたいわけよ。
普段から自説としてある、日本のお笑い芸人はアメリカのヒップホッパー的な役割を持ってるってのを、英孝ちゃんが最前線でやるなんて思ってもみなかった。


この川本真琴を巻き込む謎スキャンダルは全然キョーミなかったけど、加藤紗里が引っ掻き回した副産物はなかなか重要なものかも知れないと思わなくもなくもない。







そしてデータ音源リリースの一番いい使い方かも知れないなーとも思った



関連記事
[ 2016/02/13 13:04 ] 動画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Loading