アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

宝島社、有能




10年くらい前から、ファッション系雑誌に付録が付くことが普通になって、それを牽引しているのが宝島社。
宝島社のホームページにいくと、付録一覧が載ってて、その数の多さ、豊富さに驚く。









雑誌の付録といえば、「こんな小さいトートバッグ、何に使うの」とか、そういう位にしか思わなくて、立ち読みするとき中身が見られなくてやだなぁとかしか思ってなかったんですよ。
そういう付録付き雑誌の出始めの頃の印象しかなかったんですね。
基本的に本はブックオフの100円小説以外は立ち読みで済ませることが多いこともあり。


ほんで、最近、新宿に通ってるんですが、歌舞伎町側へ行くのに、紀伊國屋書店を抜け、新宿ピカデリーのトイレを借りて目的地というコースをほぼ毎日トレースしているんです。
時間があるときは紀伊國屋書店で時間調整するんです。
こないだJuice=Juiceが女性誌に載った時、近所のコンビニでは発見できなかったんで紀伊国屋の女性誌コーナーで読んだり。
紀伊國屋書店では、付録付きの雑誌でも、見本誌は中身を読むことができるわけですよ。
ほーんて。
あ、そう、吉田カバンのムックには吉田カバンのフォルダとかついてくんのねー
とか見てたんです。
そしたらさ、男性ファッション誌のsmart、いろいろ総合誌monoMaxにはそれぞれアーバンリサーチの長財布がついてくると。
ほーんて。
そういえば、ボロボロなんですよ、私の財布。
もうね、ベラッベラになってんの。
5年前に財布を落としたことがあって、間に合せで買った安い財布なんですけどね。
なんか、スーパーの軒先で1000円くらいで売ってた財布なんですけども。
よーそれで5年もったな、って感じですが、もうだめだよ、もうあと1ヶ月で分解するわこれーな状態だったんです。
それで、あ、これええやんって。
なんか、収納も小分けにできる感じで、イベントの握手券とか入れとくのに丁度いい!
ってことで、すぐに購入しちゃいまりあ。








財布って買い替え時むずかしない?
本革のやつを買おうと思ったら、それこそ何年も使うやつだから、すごい吟味しないといけない。
そういう移行期に、こういった雑誌の付録の財布とかって丁度いいんじゃないかなと思いました。
今回買ったやつは、想像よりも一回り大きかったけどね! 長財布ってこんなもんなのかな。
多分旅行先で使うのが正しい使い道なんだろうけども。
779円だったので、雑誌代引いて500円くらいで買った感じなんでしょうか。
宝島社はこういう付録に力入れてて、会議してる様子なんかをTVで見たこともあるんですけども、付録付き雑誌を1万、2万部単位で用意して、それで在庫抱えたらとか考えると、それは力も入るってものですよね。


宝島社のホームページでは毎月出る雑誌の付録が一覧で見られるので、これからこまめにチェックするようにします。
小銭入れが欲しくなったので出してください。



関連記事
[ 2016/01/26 23:18 ] イロイロ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Loading