アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

で、尾藤琉星はつんく♂なのか問題



今度、アリオ川口にバクステ来るので見に行こうかなーと新曲をチェックしましたが、これ、ソロパート振り分けてないだけで完全にハロプロやんけ! っていう。





何も知らない人がPVみてたら画面を横切るADなぎさの影にビビりそう。
で、これもAGEHAで撮ったの? 時期的に一括で抑えたのかね。



ユニゾンだとどうしてもそこらのアイドルみたいに差別化が全くなくなるはずなのに、このハロプロ感。
ビクター移籍第一弾の『甘い誘惑デインジャラス』はもうアレンジから”デインジャラス”の語感まで全部ハロー。
カップリングの『愛飢えTake off!』は音少なめのマンパワー風ミニマルな作りだけど「恋したい」連呼のつんく節。
誰も見てないと思って趣味全開で作ってんだろ!!
ちょっと湿っぽい曲をやろうとするのに、最近のフラット化した爽やかハロメンでは受けきれないのかもしれん。
ブログで「よろぴくぴくよろ」ってよく使ってるのでかななんも聴いてそうな予感。







なんにしても、こういう実験作が聞ける場があるのはいいことです。


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Loading