アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

Juice=juice『First Squeeze!』リリイべ @ラクーアガーデンステージ



のどを潤すジュースは ひとを酔わすワインとなった







私が言う前に行ってきました。




去年の7月は『ブラックバタフライ』のリリイベでラクーア初観覧だったんですが、うだるような暑さで死にかけつつ、でも蝶野氏登場でテンション高めでありました。 本日はファーストアルバムのリリイべで18:00スタートだったんですが、さすがにアルバム複数買うことは難しいので今回は観覧のみ、会場についたのは17:00だったんですが、わりかし涼しい風吹いてまして、それに観覧エリア全体が影に覆われていたので心配していた熱中症的なものの心配はなさそうでした。そんで平日、アルバムのリリイべということで、そんなに混んでいるわけでもなく、アルバム、用意した分はほぼ捌けてたみたいでイベント観覧車自体は多かったんですが、私が着いた時はわりかし空いてて、いい場所で観覧することができました。


17:10にリハスタートで、たっぷり10分間リハやってました。 なぜか最後の最後に出囃子に合わせた登場のタイミングもリハやっておりました。


18:05にイベ開始。
セットリストはまさかのシングル曲なしで割りかし初見殺しでありますが、みんなスキルが格段に上がっているので安心して見られるシックなステージとなりました。冒頭で書いたとおり、まさにワインのような。酒飲めんけど。


セットリスト
・CHOICE & CHANCE
・生まれたてのBaby Love
・愛・愛・傘
・スクランブル
・続いていくSTORY


卓偉の兄貴曲からは『愛・愛・傘』。兄貴がノリノリでレコーディングしてた『アンビシャス』は演らず。
なぜか『続いていくSTORY』でやけにウルウルしちゃいましたよ!「どうして 泣けちゃうの」ってとこがいいですね。
んで10月の台北、香港の海外公演のおしらせもあり。


J=Jはデビュー当時から大人っぽい曲をやってて、アイドルアイドルしたものを宮本佳林に期待していた人たちはすこし肩透かしを食らった部分もあったかもしれないけれど、去年までのつんくプロデュース期間に色んな課題曲をこなした結果、1stアルバム発表時にそれらを等身大に表現できるようしっかりとコンディションを持ってきたのは素晴らしいですね。


きっといろいろ大変だっただろうけどのほほんとしたキャラと声で頑張るゆかにゃ、セクシーで個性の強いボーカルとなったかなとも、チート気味に自在に歌い分けるさゆきち、安定した存在感を持ってセンターに立つりんか、フェイクも一生懸命でピュアな声でアクセントを付けるあーりー。


フレッシュな感じから大人なグループに成長したけれど、もっともっと新しいつんく曲を歌うJuiceを聴きたいなと思いました!
そのとき、また成長したメンバーを見ることが出来るのを楽しみにしております。


アルバムの発売か、海外公演の話題か忘れたけど、かなともから感想を振られて
「みんなも嬉しいと言っていましたけれど、私も同じくらい嬉しいです」
と相変わらずフワフワしてるあーりーが今日も可愛かった!

関連記事
[ 2015/07/15 20:21 ] $レポート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Loading