アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

ヤンマガで地下アイドル生態漫画『アガペー』



ネタバレ含むのでイヤな人は読んでから






今週のヤングマガジンに載っている読み切り『アガペー』は秋葉原の地下アイドル周辺の生態系を切り取った漫画。
割とステロタイプに描かれててあっさりな感じですが、ちゃんとアイドルの覚醒部分とかパンクに似たライブの熱狂なんかが描かれてました。ミックスとかね、よーわからん部分ではありますが。




描いたのは『ウシジマくん』でお馴染みの真鍋昌平先生であります。
今週の『ウシジマくん』は久しぶりに肉マムシの凶暴性が描かれててスピリッツの方も注目。
「ウシジマ」スレでも常に「次回作はドルヲタくんで金突っ込むやつかな」というのが毎回挙がってたんですが。(現在のシリーズが一応ラストシリーズという認識が広がっている)



ヤンマガで地下アイドル生態漫画『アガペー』


主人公の一人はノンスタ井上がモデルですかねー。
親の遺産をすべてヲタ活につぎこむキモヲタが全てさらけ出したあと、
「キモい俺でも 好きって言っていいのがアイドルなんだ」
ってかっこいいとこ言ってました。
あのあと三人が表面上だけでも仲良くなれるといいですね。


緩くライトに、金をかけないをモットーにアイドルを遠巻きに楽しんでいる身としては、ただ周辺に対しリスペクトだけを忘れずにことに当たろうと思います。
そして地下アイドル特有の隙の多さは罠やな!と殊更に認識致しますね。

関連記事
[ 2015/06/29 12:29 ] ヲタBlues | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Loading