アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

杏野はるなはどこへ消えた? SNS時代の炎上の方向性



杏野はるなはどこへ消えた? SNS時代の炎上の方向性



 個人的にその動向を観測しているアイドルがいるのですが、そのひとりが特定方面でリスペクトとヘイトを貯め続ける杏野はるな。おそらくは一番にはガチな「ゲームアイドル」として知られ、その他にもいろいろな理由でその時々にネットニュースなどに名前が挙がっては即忘れ去られるようなそんな方でした。最近は「ゲームソムリエ」を名乗り始めていたのですが、定着はしていません。





 この杏野はるな氏の活動が突然休止してしまいます。wikiには「2014年9月からブログの更新を、10月末からはツイッターの更新を休止している」と記されております。休止の理由は「少し疲れたから二ヶ月ほど休む」というだけの理由でしたが、この頃からファンスレなどはザワザワし始めます。11月16日に中野親善大使として中野駅のイベントに出演したようですが、それきりふたたび活動の様子は見られず、日刊スポーツの連載だけは続けられているようですが、それも近いうちに終わるのではという雰囲気のようです。


中野経済新聞FB
https://archive.today/83A0t


 彼女はエッグコアという事務所に所属していたのですが、現在は「元エッグコア所属」ということらしく、かねてからその関係が噂された事務所オーナーの小林栄介氏と破局したのではないか、という予測もされていたのですが、ここにきてその小林氏より「結婚報告」(事後)がなされたようです。


私、小林は、はるなと結婚しています。
ニュースとかになってしまったら仕方ないのですが、それはそれとして仕方ないと思ってもおります。
彼女のたくさんのファンの方々にはある意味裏切るような形になってしまったかもしれませんが、
後にしっかりとお話いたしますのでどうぞ今はお許しくださいませ。
今まで公開できず大変申し訳ございませんでした。肩の荷が下りた気分です。
ご質問、取材、コメントはできる限り僕がお受けいたします。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
この記事を先ほどエントリーした後からたくさんのおめでとうメール等をたくさんいただいております。
そして、「まあ知っていました」や、「しかありえないですね」「お二人にはどう考えてもこの二人しか無理です!」的なメッセージも多く…。
案外そう見えていたのだなあ、と、ありがたく申し訳ない部分も感じております…。
小林栄介


皆様、本当にたくさんのコメント、お電話等ありがとうございます。
近日、本当に全てを書きたいと考えております。
かなりの長文になるかと思いますが宜しければお読みください。
もちろん私本人のリスクも含めて書きます。
民意はどう判断するか。
それもある意味知りたい所存です。
約10年の日記になるかしら。
小説を読んでいるくらいのお気持ちでお読みいただけると光栄です。

https://www.facebook.com/eggcoretokyo


 ただ、当の杏野氏からの反応はというと


【結婚の記事に関しまして】
関係者各位及びファンの皆様には大変ご迷惑ご心配をおかけしている事、心よりお詫び申し上げます。
昨日、株式会社エッグコアの代表取締役社長より結婚についての記事が発表されました。
しかしながら、現況と相違する部分が多くこの件につきまして環境の整理がつき次第、
改めまして私から皆様へご報告致しますのでしばしお待ち下さい。
杏野はるな

https://www.facebook.com/annoharuna


 と、もはやグダグダなやりとりが、お互い一方的に出されている状況であります。  これまでも「杏野の発言はすべて小林が書いている」説があったように、どれが本当の杏野はるな氏の本音なのかはわかりかねます。


 一連のやりとりの真意がどうあれ、杏野氏は過去にツイッターなどでAKBのスキャンダルについて「秋元康さんは自分のプロデュースしたアイドルに手を出した人なのにそんな人のアイドルを信用するほうが悪い」みたいな発言度々しており、これらを全否定する展開にウォチャー一同には怒りとか呆れよりも”やっぱりな”感が漂っております。


 彼女の手がけたといわれ、海外からも取材殺到という「ゲームミュージアム」も、現在はどうも有名ゲーム実況者、ファミコン芸人などと共同管理しているような感じなので、このまま杏野はるな氏はフェードアウトしているのではないかと思われます。杏野氏自身、レトロゲームに関する知識が豊富で、レトロゲームのプレイに関しても上手だったのは事実で、そちらが大々的に発揮できないままひっそりと終了するのはなかなか悲しいものがあります。


 杏野氏&エッグコアはこれまでもときどき炎上ネタを振りまいてはなんとかネットニュースに取り上げられるような、そういった宣伝手法を取ってきたのも事実であります。ただそれが本当にくだらないものばかりなので、すぐに鎮火してきたのもまた事実です。


 これに対し、元エッグコア出身で、事務所を出てからの活動で本領を発揮したのがヒップ100cmで話題となった倉持由香氏。倉持氏はTwitter上で「#グラドル自画撮り部」タグを発行し、いちやく人気グラドルの一角となりました。また、ファミ通関連にもときどき登場し、ゲーム業界とも一定の関係を保つことに成功しております。







 杏野氏と倉持氏、このふたりのSNS上の人気を二分したのはSNS時代の炎上の方向性だったように思われます。


 つねに自分を高みに置いた発言を繰り返していた杏野氏のTwitterと、徹底的にお馬鹿なネタに徹した倉持氏。


 杏野氏の発言が知識層により軽くひねり潰されるのに対し、倉持氏の一連のお尻強調画像はTL上に華を添え、コレクター性も刺激し、また「グラドル」として堂々と振舞うことで男性だけではなく女性アイドル自身にも好感を持たれます。どちらがSNS上で拡散されやすいか一目瞭然。


 現在、エッグコアを代表するアイドルとして頑張っているのが香月梨子(16)であります。本人は最年少映画評論家を目指して毎日映画を観ているようですが、杏野氏の抜けた穴を埋めるべく、彼女もまた、レトロゲームに関して多数発言するようになりました。しかしいまだこれといったものがありません。





 ところで杏野はるな氏が休止直前まで撮影していた映画とやらはどうなったのでしょうか。そのへんも含め、、今後もエッグコア関連の観測は続けていこうと思います。


関連記事
[ 2014/12/27 16:14 ] アイドル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Loading