アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

ハロヲタ的スプラトゥーン



死地の任天堂WiiUにいきなりぶっこまれたイカTPSにいろいろと業界が騒然となっているわけだけど
見てみるとやっぱ任天堂うまいなあと思いますよね、ええ。
インクが弾代わりになっているんですけども、そのボトルを背中に背負っているんで残弾数は直感的に可視化されているし、リアルなTPS/FPSではどうしても移動は物理的な制約を表現しなきゃいけないけど、これはジャンプ力すごいしイカになればナイトクロウラ(X-men)みたくスイスイいけるし、走ってるところはもたついてるけど。
んで壁にネームタグのシールなんか貼ってあるところを見ると、ストリートにもアピールしてる。だけど圧倒的に平和主義。
普通にサバゲーをリアルに再現しても、じゃあそれ全部リアルの戦争に置き換えろよとなってしまうけど、そこの落とし込みがうまいですね、とかさ。








でもアレです、ハロヲタがみると「お、紫と黄緑は生田カラーやな」とか、「ピンクはフクちゃん、水色はこのさいエメグリとみなしていいんじゃないでしょうか」とか「工藤(オレンジ)とだーいし(青)の戦いね」とか、そういう雑念が入ってくるので、逃れられぬカルマを実感いたしました。

関連記事
[ 2014/06/14 21:22 ] イロイロ ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Loading