アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

わがまま気のままメモランダム



【メモランダム】
最近のメモ







おう、名前!










最近、いろんなゲームデザインを検索しながら調べています。
わかりやすいとこでは海外の「グラセフ5」、日本の「メタルギア」なんか見るとあれですね、巨大バジェットでしか客呼べないんじゃないかと。あとデザインの世界では、特に日本ではスーパーリアリティ系のイラストって一時期すたれていたんだけど、CG技術の発達がいわゆる不気味の谷やリアルタイムのレンダリングを克服して、感覚的に現実に近い体験をユーザーにさせるようになってて、アートワークもそれに合わせてリアル系のデザインが採用されている。で、そうなるともう”いかにリアルか”で語られ始めると。それ一辺倒になるのはちょっと面白みがないよなあというか、ちゃんと見てくれる人はいいけど、むずかしい。


わがまま気のままメモランダム

わがまま気のままメモランダム



「メタルギア」のPS版第一作目のようなゲーム(CGは低画質ポリゴン)がいま発売されてもちゃんと内容で評価されるような土壌が残ってるといいなと、ほんのりと思ったりした。いや、当時のメタルギアのクオリティコントロールってすごいんだけどさ。
スマホ向けゲームというのはコンシュマーとは違って新しい媒体だし、制約的に色々あるのでそこは新しいものが生まれる土壌があると思うんだけど、ダメな風に進んでるのが大半なのでどうしたもんかね。んーでもユーザーもクリエイターも、いまからゲームをするってなるとスマホの無料ゲームってのが参入しやすいってのはある。それが利益になるかはまた別に考える必要はあるとしても。


ちなみに「メタルギア」のソーシャルゲームって出てるのかな? と思って検索したら一年前に出てた。
想像してた内容はPSPに参入したときの「メタルギア・アシッド」みたいな感じでスマホにしっかり対応した内容で出してくれてんだろ、コジプロは!

メタルギアソリッド ソーシャルオプス(MGSSOPS) 12/13サービス終了。やはり1年もたず・・
http://axelgames.net/2013/10/16/12870/


あ……(察し)
ちなみに内容は流行りのソシャゲのテンプレ通りのゲーム(?)だったようで、課金勢も全然育たなかったみたいですね。メタルギアってインターフェースも含めてメタルギアだったとおもうんだけど、この出来はなんなのかね。


んでんで、他のゲームの動画なんかもいろいろ漁ってたんですけどね、こんなゲームがあった。






ほえー、なんかすごそうということで「Psychobreak」で画像検索をかけてみたんですが、まだ発売前のゲームなので画像なんかは同じようなものばっかなんですが、唐突に「わがまま 気のまま 愛のジョーク」の画像とかでてきておもしろかった。


【メモランダム】


ほんとにこの画像だけ場違いに登場したんだけど、これ思うに

「Psychobreak」→サイコブレイク→再ブレイク→「モーニング娘。」

という奇跡の連鎖じゃないかしら。Google有能。



最近、「わがまま 気のまま 愛のジョーク」結構好き。
「決め込まないで」っていう歌詞がひっかかってどうも素直に聴けなかったけど、最近いい。






PVも見直すと、カメラに向かってのフリー演技いいね


【メモランダム】
【メモランダム】
【メモランダム】



・カップリグ 『坊や』 道重、譜久村、飯窪、佐藤、工藤
『ふんわり恋人一年生』 生田、鞘師、鈴木、石田、小田

このボーカルの振り分けってなかなか最近の曲構成を考えると興味深い。


■アート
ゲームデザイン検索中に目にとまったアートとか。


わがまま気のままメモランダム
スウィーツと奔放な美女の組み合わせ。すきなかんじ。

Rachel Valdés Camejo
http://rachelvaldescamejo.com/


わがまま気のままメモランダム
レトロなカートゥーンとインモラルな組み合わせ

derek m ballard:CARTOONSHOW
http://theelinetamer.tumblr.com/





若き日のカウズの活動の映像。
今ではすかっかりセレブリティのアーティストになったカウズだけど、最初に名を挙げたのはストリート。
街に貼られた高級ブランドや企業のポスターなんかを盗んで、そのうえから自分の絵を描き、それを再び元の位置に戻す。という話だけをなんとなく聞いてて、勝手に夜のうちにやってるんだろうと思ってたら昼間にやっててフイタ。

雑誌への広告掲載料




アイデアはよく、腕も立つのにやり方が下手で国家に命狙われるアーティストという。ウィットに富んだ絵をかくならウィットに飛んだ身の振り方を取らんとなぁ



■サイト

ハロプロは海外でも人気あるから問題ない
http://tsuntsuku.blogspot.jp/

↑タイトルでフイタ



■ニュースなど

プリズム




 このシステムは、海外の機密情報の追跡において、米国のインターネットトラフィック全体の約75%にアクセスする能力がある。先の当局者によると、一部の場合には、米国内の市民間でやり取りされた電子メールに書かれた内容を保持し、また、インターネット技術を利用してかけられた国内の通話をフィルターしている。
 通信会社と協力して実施されるNSAのフィルタリングは、海外から米国、あるいは米国から海外への通信、さらには、海外から海外であるが米国を通過する通信を追跡するように設計されている。しかし、当局者は、同システムの対象範囲が広いことから、海外の通信を追跡するなかで、米国内の通信がたまたま傍受され収集される公算は一層大きいと明らかにしている。
 「ブラーニー」や「フェアビュー」、「オークスター」、「リチウム」、「ストームブルー」などのコードネームを付けられたこれらのプログラムは、大手通信企業で通信をフィルターし、情報を収集する。例えば、元当局者によるとブラーニーはAT&Tで構築された。AT&Tはコメントを避けた。




中国




 公安部は8月から、「ネット上で虚偽の情報を流す、拡散するなどの違法行為を全国範囲で取り締まる」と通達した。秦火火さんなどの人気ブロガーが相次ぎ逮捕されたほか、数百人が身柄拘束された。また、数百万人のファンを持つネット有名人らも、「もっと有意義な評論を発信しなさい」と当局から警告を受けたという。

 中国最高法院は9月、ネット利用者は誹謗中傷的なメッセージ、またはうわさを投稿し、500回以上の転載または閲覧数が5000回を超えた場合、最高3年の禁固刑を受ける可能性があると発表した。




 「『さんま御殿』は、番組最後に出演者が料理を食べていますが、収録前、出演者はいったんあそこに集合するそうです。それからスタッフがさんまを呼びに行き、さんまが登場して収録が始まる。その待機時間が意外に長いため、マネージャーらにとっては“魔の時間”だそうです。『感謝祭』は大勢のタレントが一堂に会し、カメラが抜く場所はだいたい決まっている。ひな壇の上段は、新人グラドルと芸人が多く、カメラに映りにくい。タレントや芸人の間で電話番号のメモが回っているそうです」(関西在住の芸能ライター)
 さらにマネージャーたちが警戒しているのが“ブローカーアイドル”。金持ち男性たちのためにアイドル仲間をセッティングし、報酬を得ているという。
 「“ブローカーアイドル”は仲間のアイドルを連れて行くことによって、1人あたり2万円前後の謝礼をもらっているそうです。出演していたマネージャーの1人は“自分の事務所の中にいるから怖い”とも話していました」(同)

芸能界の裏側 芸能マネージャーが警戒する“ブローカーアイドル”とは
http://npn.co.jp/article/detail/00741463/

一時期矢口さんにこういう噂が立っておりましたね、ええ
しかし最近はいろんなとこに伏魔殿があり、そういった影響をと知識を持った人間が権力を握り出す時期で、いろいろと大変。女の子は大変であります。






冥王星にケルベロス





■その他


マクモニーグルなにをしてんねん……




けれん味




ブリットニーさんの最近の曲。これなんか見ると、ヤスタカプロデュースがなぜ世界で認知されるかが分かる。歌で聴かせるのではなく、別の方向でのプロデュース。



これはビルボードで一位をとった曲。完全にエフェクト寄りのボーカル



関連記事
[ 2013/10/19 19:44 ] 恐縮です!速報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Loading