アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

生田家が差し入れたアイス「ミルクック」とはなにか 佐賀県スーパー探訪その①:アイス編



生田家が差し入れた「ミルクック」とはなにか 佐賀県スーパー探訪その①:アイス編


今年は初盆だったので帰省したわけですが、その際地元のスーパーで色々と撮影してきたので、そのネタは時間があるときにゆっくりやろうかなーと思ったら、ハロコンの福岡公演で生田家が”ミルクック”を差し入れたということで、手っ取り早く紹介したいと思います。







モーニング娘。の
生田衣梨奈ちゃんの地元、
福岡県でのliveでした!

地元に帰って来た子って皆、
生き生きしてて元気でいいね

そんな生田の家族さんから、
アイスの差し入れが(´;ω;`)

ありがとうございます


ミルクックってアイス

福岡限定
らしーんだけど
東京にも発売してほしいほど、
美味しかった(*^▽^)/★*☆♪
満足満足







えりぽんのお母さんから
差し入れいただきました(人゜∀゜*)


ありがとうございます(n´v`n)

冷やし手羽先っていう
カリカリしたやつと

たくさんのアイスクリームを
いただきました(人゜∀゜*)


私は、
手羽先はもちろん

福岡限定のアイスを食べたよ!

ミルクック(`・∀・´)

練乳全開な感じで
すごく美味しかったです


ありがとうございました




まず、やたら「福岡限定」が推されてるけど、ミルクック自体は九州で割とどこでも買えるというか、昔からある駄菓子屋でおなじみのアイスなんだけど、製造元の竹下製菓は佐賀県の会社なんだからね!! (激おこ
映っているスペシャルミルクックは未見なので不明だけど。









ファッ!?
牧歌的杉内?
設立年がうちのばーちゃんと同級な件について。




全国区でいえば、「ガリガリくん」ギャグってあるじゃないですか。
「ガリガリくん」といっとけばアイスあるあるネタになる的な。あれ、佐賀では通じないかんね!
「(ブラック)モンブラン」とか「ミルクック」とかがその位置にある。
それほど九州の子どもにとっては竹下製菓のアイスがソウルフードなわけですよ。



■ブラックモンブラン

生田家が差し入れた「ミルクック」とはなにか 佐賀県スーパー探訪その①:アイス編


はい。最強アイスですね。
佐賀っ子の中でのラクトアイスってブラックモンブランのことです。
スーパーなので78円だけど、定価は100円。
子どもの頃は50円で、途中で60円に上がった。
だからいまでも60円のガリガリくんはすげー利益上げてると思う。



生田家が差し入れた「ミルクック」とはなにか 佐賀県スーパー探訪その①:アイス編


今回はボックスを買ってみました。



生田家が差し入れた「ミルクック」とはなにか 佐賀県スーパー探訪その①:アイス編

生田家が差し入れた「ミルクック」とはなにか 佐賀県スーパー探訪その①:アイス編


ボックス版なので細いけど、さすがのブラックモンブラン、周りについてるクランチがカリッカリなのでしっかりとした食べごたえ。そんで中身の柔らかくて甘いバニラアイスが、一気に童心に連れ戻してくれる。



工藤のブログにはブラックモンブランも写ってますね





■ビターチョコモンブラン

生田家が差し入れた「ミルクック」とはなにか 佐賀県スーパー探訪その①:アイス編>

生田家が差し入れた「ミルクック」とはなにか 佐賀県スーパー探訪その①:アイス編



初見。なので買ってみた。
そもそもブラックモンブランとは、公式でも説明されているようにモンブランの山を見た社長が「この真っ白い山にチョコレートをかけて食べたらさぞ美味しいだろう」と思ったように、白いバニラアイスを黒いチョコでコーティングした、モンブランは白なのにブラックでつつむというアンビバレントな存在なわけなんだけど、これは中身もクロ!!! で、チョコチップもゴロゴロと混入されているのですごい食べごたえがある。
どう食べてもチョコレートなのでバニラとチョコとクッキークランチの絶妙なバランスの上に成り立っている元祖ブラックモンブランの存在を否定しているような商品だけど、ブラックサンダーの流行りとかの流れをくんだのかなぁ。



■ミルクック

生田家が差し入れた「ミルクック」とはなにか 佐賀県スーパー探訪その①:アイス編

生田家が差し入れた「ミルクック」とはなにか 佐賀県スーパー探訪その①:アイス編


はい、これがハロメンの食べたミルクック(通常)。
簡単にいえば「ミルクセーキをアイスで再現」したもの。濃い練乳の甘さとクラッシュアイスのハーモニーが黄金比。
クラッシュアイス入りということで、ガリガリくんもそうなんだけど、ガリガリくんのノーマル(ソーダ味)ってわりかし硬いではないですか。リッチ味だと柔らかいですね。あの感じです。あの感じで味はミルクセーキ。もう美味い(びみいby小田ちゃん)でしょこれ。



■トラキチ君

生田家が差し入れた「ミルクック」とはなにか 佐賀県スーパー探訪その①:アイス編


残念ながら写真を取り損ねたけど、これも子どものころからの定番。
モンブラン・ミルクック・トラキチが竹下製菓を代表する三大看板です。
このトラキチ君も絶妙。竹下製菓の商品開発者って天才なんじゃないかというほど、子どもをアイス中毒にするようなものをつくってる。
黄色い部分はバナナ、茶色の部分はもちろんチョコレート。だけど、どちらも独特の味をしている。唯一無二のチョコバナナストライプです。



生田家が差し入れた「ミルクック」とはなにか 佐賀県スーパー探訪その①:アイス編


この竹下製菓ボックスシリーズ。
トラキチ君をみてみるとなんといちご味も。今回は食べられなかった。



■その他のアイス

竹下製菓のその他のアイスについては公式ページを見てもらうとして、その他見つけたもの。




生田家が差し入れた「ミルクック」とはなにか 佐賀県スーパー探訪その①:アイス編


福岡、ROYAL社のアイス群。白熊はわかりますね。
「スコール」というのはこれまた九州のジュースで、カルピスソーダ的なやつ。



生田家が差し入れた「ミルクック」とはなにか 佐賀県スーパー探訪その①:アイス編


これも九州ではおなじみの袋入りかき氷。
子どもの頃は「おいこれ普通の氷いれただけじゃねーか!」みたいなごついかき氷が売られていたりした。



生田家が差し入れた「ミルクック」とはなにか 佐賀県スーパー探訪その①:アイス編


これが今回のめっけもんだった。説明にあるとおり九州だけなのか、給食に出てきた豆乳ムースのアイス。これも九州の人間には感激のノスタルジー。2012年から九州限定発売?
とにかく美味かった(びみかったby小田ちゃん)






生田家が差し入れた「ミルクック」とはなにか 佐賀県スーパー探訪その①:アイス編

生田家が差し入れた「ミルクック」とはなにか 佐賀県スーパー探訪その①:アイス編


我が甥・れんたろう(2歳)も満足。
ちなみにれんたろうは今年初めに私がクーリッシュを食べさせたせいでいまでは帰ってくるとすぐに冷凍庫に直行するようになったそうです。





さすが愛佳さん、私が欲しかった画像をしっかりのっけてくれる。



なすびが紹介して以降「うまかっちゃん」がハウス食品を通じて関東でも食べられるようになったように、竹下製菓が関東でも食べられるようになればいいなぁ。

関連記事
[ 2013/08/26 00:31 ] SaGaスレ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Loading