アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

モーニング娘。12期 ”未来少女”オーディション 結果:該当者なし



モーニング娘。12期メンバー「未来少女」オーディション、プロデューサーつんく♂より結果のご報告








未来少女の名に相応しいスーパースター候補を探してきましたが、
現在のモーニング娘。のクオリティーの中で即戦力としてパフォーマンスするには
少々力量不足であることが否めませんでした。

ただ、これがもし9期オーディションの頃なら合格させていただろう
実力を持っている候補者も数名いたのも事実です。
(あの頃からパフォーマンスを重ねスキルアップしてきた現在のモーニング娘。は、
モーニング娘。の歴史を振り返ってみても最高峰の水準だと感じています。)

今回は該当者無しですが、ダイヤの原石たる人材に出会えた!
と内心興奮しています。

ですので、当人が希望すれば「ハロプロ研修生」に所属して頂き、
その中で経験を積み、実力を付け、次の然るべきタイミングに備えて頂こうと考えています。

12期オーディションもいずれかのタイミングで再募集するつもりですし、
さらにハロプロの構想として、次なる新ユニットも考えていることもここで発表しておきます。

そう言った意味でも今回最終に残った面々には大きく期待をしているので、
「該当者無し」は「ポジティブ該当者なし」と受け止めて頂きたく思います。




やるが。

「9期云々~」については、9期の場合は娘。においては4年ぶりの、ハロプロにおいても”異物”として入ってくる状況だったので、そのときなら素材として生かせたけど、ってことやろな。
参加者のみなさまお疲れ様でございました。今後別の事務所に入るかもしれない方においても、ご活躍を願っております。活動内容と見合った事務所に出会えるとよいですね。








 加護亜依、芸能活動再開で芸名トラブルに。「加護亜依の名前で活動したら法的手段に出る」と前事務所が宣言したと聞いて、「アップフロントがなんでいまさらそんな強硬手段に出るんだろう」と思ったら、復帰後の事務所とのトラブルだったんですね。



加護亜依、復帰宣言も立ちはだかる“芸名”事情… 前事務所は「法的手段も」
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130819/enn1308191529008-n1.htm

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Loading