アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

出版アド・バンテージ



うわぁ・・・





幻冬舎、子会社のgift設立

9月3日、来年4月に創刊する月刊女性総合誌「DRESS」の編集を手がける編集会社を設立した。社長は光文社「STORY」「美ST」の元編集長・山本由樹氏。最高顧問に秋元康氏(プロデューサー)、名誉会長に松浦勝人(エイベックス・グループ・ホールディングス)、会長に見城徹氏(幻冬舎)、副会長に藤田晋氏(サイバーエージェント)が、取締役に6人が就いた。「DRESS」の発行元は同社、発売元は幻冬舎となる見通し。資本金は3000万円。幻冬舎の子会社は6社目。
詳細は10月末に会見を行い発表するという。








―この雑誌から生まれた「美魔女」ってどういう人のことをいうんですか。

「何々ちゃんのお母さんって50超えてるけど若くって綺麗だよね」って言われるような人っていますよね。そんな、年齢を超えて美しい人を総称して美魔女っていってます。

もともと「STORY」で、魔女美容という企画やってたのですが、そこには本当にきれいな人たちが登場してきて、これはもはや魔女だよね~って話をしてるところから、生まれた言葉なんです(笑)。

―いろんな美魔女がいますね。「おっぱい美魔女」とか気になる(笑)

美魔女って便利な言葉で、何でも上に言葉をくっつけると使えちゃうんです。サッカー美魔女とか、餃子が好きなら餃子美魔女とか(笑)。パーツの美しい人ってそれなりの努力をしてるんです。そのパーツの美しさのひとついうことで「おっぱい美魔女」って出てきた。

美しいものを持っている人は必ずどこかでその美しさを自覚してそれを磨く努力をしているんですよ。そんな話をみんなが聞くとためになるんでとりあげます。上から降りてくる情報よりも自分と同じ目線のものがやはり喜ばれます。







ライブドアと出版分野で業務提携を行い、子会社の幻冬舎ルネッサンスを通じて、ライブドアパブリッシングを合弁で設立している。また、サイバーエージェント系の出版社アメーバブックスの販売も受託。2007年にサイバーエージェントが出版から撤退する方針を示し、アメーバブックスは業務を終了したが、直後に「アメーバブックス新社」として再興し、幻冬舎が引き続き販売権を保持している。

過去に、アウトロー作品を対象とした「幻冬舎アウトロー大賞」を開催していた。(現在は中止)














関連記事
[ 2012/09/04 13:43 ] イロイロ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Loading