アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

今週の「ワイルドチェリーナイツ」はヲタ泣きのエピソード! ヤングマガジンNo.15


今週のヤングマガジンNo.15「ワイルドチェリーナイツ」はヲタ泣きのエピソード!


[あらすじ]
究極の餃子のたれを探して銀河を駆け巡る主人公たちは、
「ヲタ」と呼ばれる人種がすむ惑星に到着。
もともとペットボトルのふたをつくる工場と、そこの労働者を当てにした
弁当屋しかなかった星だが、あるときから弁当屋の2Fに若い女たちがたむろし出し、
ダンスなんかをやるようになり、それを覗いていた工員たちがヲタ化し、
少女たちは工員たちのアイドルに。
やがてなんとか108というグループの少女たちは銀河一のアイドルグループとなり、
惑星の外へ飛び出したが、ヲタ達は惑星にとどまりヲタの共同体のなかで生きていた・・・





「ええ、280円の弁当(ちくわあげ、コロッケ、スパゲティ、飯)しかないんですか!?」
「そうさ、お金はすべてアイドルにつぎこむから!」
「ぼくたちは彼女たちの笑顔を貰ってるんだよ!」
という、ローカルアイドルをネタにした話。

ヲタの共同体は平和そのもので、争い事が起こったとしても、
ヲタ芸のキレを競い合って勝負する。
当ブログ管理人の個人的な仮説
「日本にヒップホップスターが現れないのは、日本には芸人とアイドルがいるから」
というのを描いてくれているようで興味深かった。
クライマックスはまさにヲタ泣き!!
ワイルドチェリーナイツには、サウスパークの童貞成分を凝縮したような批評性がある。


で、表紙はいつものごとく、アレ






ちなみに少年ジャンプの「こち亀」はK-POPショップをとりあげている。



WCN作者小田原ドラゴンのブログ
http://odawaradoragon.cocolog-nifty.com/blog/





童貞こじらせててワロタ!

関連記事
[ 2012/03/12 20:02 ] イロイロ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Loading