アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

AKBN0ちゃんさん、インディーズチャート一位を獲得


AKBN0ヲタも、トバしてはくれてんのねぇ

http://www.oricon.co.jp/rank/is/w/2011-11-14/


AKBN0 ごめんね My way 水着







2ndシングル「ごめんね☆My Way」

東京都北区赤羽発のアイドルプロジェクト!!超低予算アイドル集団AKBN 0 のセカント゛シンク゛ル発売決定!!!
キャッチフレーズは「会って、話せて、デートができる募金アイドル」 去年8月13日に資金ゼロからスタート。活動資金は自分達で稼ぐ自給自足アイドル。最終目標は紅白歌合戦出場で、紅白に出たら解散する。資金が200万貯まったところで、2011年5月4日にデビュー曲「大好きだよ!」を発売。初週売り上げ1万枚以上を記録して、オリコン週間インディーズランキング2位に入った。現在のメンバーは14歳から27歳までの12名。大阪、仙台から来ているメンバーもいる。
今回はファンの投票で最多得票を得たこの楽曲がセカンドシングルに選ばれた。作曲は諸田英慈、作詞は小田ユウで、デビュー曲と同じクリエイターの制作になる。今回の目標販売枚数は1万枚。オリコン総合ランキングで20位内を目指している。


http://www.amazon.co.jp/%E3%81%94%E3%82%81%E3%82%93%E3%81%AD%E2%98%86My-Way-AKBN-0/dp/B005KAURUI





オリコンインディーズランキング1位!


今日発表のオリコンインディーズ週間ランキングで、「ごめんね☆My Way」が1位になりました!!

http://www.oricon.co.jp/rank/is/w/2011-11-14/

「大好きだよ!」の時は、2位でしたので、1位になって、とてもうれしく思います。これもひとえに、クライアント様のおかげです。超大きくカンシャです!

インディーズ1位、総合16位の名に恥じないように、今後はさらに、メンバー一同プロ意識を持って、頑張っていきます。応援よろしくお願いいたします。

オリコン20位内に入るということは、それだけの責任があります。20位内に入っているアーチストはみんな歌に人生を賭けています。適当に歌をやっている人はいません。それだけの気持ちをもってこれからは頑張ろう、という話をメンバーにしました。

____________________


いつもメンバーに言っていることですが、このチームで続けていけるかどうかは、どれだけプロ意識があるかどうかです。プロ意識というのは、アイドルを仕事として考えているかどうかということです。

アイドルは、部活や、習い事では、ありません。仕事です。職業です。仕事というのは、楽しいことばかりではありません。どちらかといえば、つらいこと、苦しいことの方が多いです。人様からお金をもらうというのは、大変なことです。つらいこと、苦しいことをするから、お金をもらえるんです。アイドルも同じです。

ただ、憧れや、楽しそうだから、アイドルをやりたいという気持ちではとても続きません。ちょっとつらいことがあったから、苦しいから、楽しくないから、他にやりたいことがあるから、やめるというのは、元々芸能人に向いていないです。

やめたいというメンバーを、慰留しないのは、その時点で芸能人に向いていないと思うからです。今、説得して続けたとしても、いつかやめます。だから、説得はしません。

アイドルとして成功したい!どんなことをしても絶対このチームで紅白に出たい!という子と一緒に夢に向かって進んで行きたいです。

この世界で成功したいという人は、やめたいなんて考えません。苦労を苦労と思わず、越えなければいけない壁と考えます。


「君らのお父さん、お母さんは、つらいことがあったからって、簡単に仕事やめる?やめないよね。家族の生活がかかってるから、つらいこと、苦しいことがあっても我慢して頑張るんだよ。それくらいの気持ちを持って、アイドルをがんばろうよ。アイドルというのは、誰にでもできない仕事なんだから。」

今後、AKBN 0 に入ってくる人も、こういう意識を持って入ってきてほしいです。ゼロから紅白に出るって言うのは、とんでもなく大変なことなんですから。


http://ameblo.jp/akbn0/entry-11080662352.html


なんかすげーいいこと言ってるのに
全然頭に入ってこない感が最高!!






そんななか山口の辻希美脱退


AKBN0ちゃんさん、インディーズチャート一位を獲得




2011-11-16 16:51:15
1期生、河野スイーツ絵奈引退のお知らせ


ここでメンバーに関する残念なお知らせがあります。1期生、河野スイーツ絵奈から引退したいという連絡がありました。

AKBN 0 は引退は自由で、去るものは追わずを基本方針にしておりますので、即日これを了承しました。

AKBN 0 は紅白出場までのドキュメンタリーであり、運営の内部も公表していく方針ですので、クライアントの皆様にそのいきさつをご説明します。

11月6日、中野イベントの後、都内で河野スイーツ絵奈がクライアント様とふたりで一緒に歩いているのを、他のメンバーが目撃しました。クライアント様が絵奈のバッグを持ち、並んで歩いていたということです。メンバーはスタッフに電話で報告しました


スタッフが、すぐに絵奈に電話で事情を聞いたところ、絵奈は、動揺して何も答えず、バスの時間なのでもう行かなければいけない、と言うので、電話を切りました。

翌朝、絵奈から私(安藤)に電話がありました。

絵奈の主張によると、「喫茶店にひとりでいると突然クライアント様が入ってきて、話しかけてきた。話しているのを誰かに見られるとまずいと思い、外に出た。すると、クライアント様がついてきて、バッグを取られてしまった。その後、クライアント様に、「何で俺のことを無視するんだ。俺を無視すると困ったことになるぞ。」と脅された。何度も来ないでくれと言ったが、離れてくれなかった。後は動揺していたのであまり覚えていない。」ということでした。

私は、なぜこのことをきのうスタッフに言わなかったのかと、聞いたら、動揺していたので言えなかったと言いました。私は、もしクライアント様と連絡を取っていたのであれば、2度目のルール違反なので、引退になることを伝えました。そして、事実を確認したいので、1週間分の携帯の通話履歴とメールの履歴を電話会社からもらって、会社に提出するように言いました。これには、絵奈と絵奈の父親も同意しました。

翌日、私は絵奈の父親に「絵奈の証言に疑問点がいくつかあるので、親子でもう一度話し合ってほしい。」ということを伝えました。

すると、後日、絵奈から電話があり、「私は絶対にうそはついていない。私のことを信用してくれていないようなので、引退したい。」と言うので、これを了承しました。

私はイベントに出て、クライアント様に引退の挨拶をするか聞きましたが、
「もうイベントには出ません。引退式もやらなくていいです。クライアント様への挨拶はブログでします。」ということでした。

これまで絵奈を応援してくださったクライアント様にはこのような事態になりましたことを深くお詫びいたします。

彼女には、1期生最後の砦として、紅白まで頑張ってくれると期待していただけに非常に残念です。


http://ameblo.jp/akbn0/entry-11080261683.html



相変わらずガラス張りすぎるぜ、運営!!!



AKBN0ちゃんさん、インディーズチャート一位を獲得


AKBN0ちゃんさん、インディーズチャート一位を獲得


ハァ━━━━。・゚´Д`゚+。━━━━ン






AKBN0ヒストリー
2009年12月30日
三軒茶屋の「土間土間」で赤羽在住の林家ぺー&パー子さんとカンドウスタッフが飲んでいる時、
ある人が「赤羽って、AKBNですね。」とつぶやく。→構想スタート。

http://www.akbn.tv/history.html


ついった
http://twitter.com/#!/akbn_0_staff

関連記事
[ 2011/11/18 09:57 ] アイドル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Loading