アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

「エクスタシーの神学」筑摩書房



[メモ]本日、書店で見かけた新書本





いつか古本屋で見かけたら買うかなー
たぶん中身は想像しているとおりだと思うんだけども、中世キリスト教あたりの殉教、修道的禁欲生活とヒステリーの関係、オーガズムと神秘体験を結びつけたかんじのやつ?


この辺の理論を推してるので、ゆうこりんの「こりん星へ行く方法」とかの謎解きに使うと面白い
禁欲を強いられる少女アイドルたちがそのはけ口をどこに向かわせるかっていうと、やっぱファンタジーだと思うんですよね
ゆうこりんの生み出した世界もまた追い詰められた少女たちの避難先になったというのは、道重さんなんかを見てるとわかるんですが、道重さんはその辺をちゃんと整理した上で自分のものにする頭の良さがありましたね


このブログで鞘師すんのフクちゃんへの愛の告白ネタ記事で最後に「聖母マリアの出現(ファティマの奇跡)」の画像を貼ったりしてるのはこういうのが元ネタです
鞘師すんなんかはリアル志向なので歌とダンスで青春を発散している感じで、こういったファンタジーとは別ベクトルにいるんですが



通学や通勤で電車を使ってた頃は古本屋の店先で100円で売られてる新書本を買って読むのが好きだったんですが、最近は読まなくなってしまった

[ 2015/01/06 22:15 ] イロイロ | TB(0) | CM(0)
Loading