アイドル黙示録 中二ブログ

16ビートとともにあれ

クレヨンポップ日本デビューとか言うじゃないですか



▼壮絶な勘違いでした!


当ブログでも一度触れたももクロパクリ騒動で名を挙げたクレヨンポップが正式に日本デビューとかいう話を先月ぐらいに見かけて、そのへんどうなってるのだろうと思って検索かけたら、一応来年頭から頑張る方向で、11月にポニキャンからミニアルバム、メンバーの双子によるスピンアウトユニット「イチゴミルク」も同時にとかそういう話を見つけたんですよ。
んで日本語版ブログとか行ってみるじゃないですか。そしたら11/15にZeppでデビューイベント的なことやるって書いてあるじゃないですか。しかも無料でチケットはダウンロード形式とか書いてあるじゃないですか。
個人的にわりかし頭のおかしいアイドルとか惹かれがちなので一気に行ってみたくなるわけじゃないですか。
デビューイベントだからなにかと後々ネタになりそうとか思うじゃないですか。
チケットダウンロードは11/1からって書いてあるけど、ブログの記事10/24が最新じゃないですか。




どこでダウンロード開始されてるか不明じゃないですか。
ファンが公式サイトでやりとりしてる中で「どうやらここっぽい」的なニュアンスでurl貼られてたから行ってみるじゃないですか。

http://www.chrome-ticket.com/

全然開始されてないじゃないですか。
日本側のイベントプロモーターのサイトに行っても情報が2010年で途切れてたりするじゃないですか。
ここで気力が折れるわけじゃないですか。
レディガガのオープニングアクトとか務めて、いまが売り時じゃないですか。
なのに何なんでしょうか、この仕打ち。
休日だから明日には開始されたりするのでしょうか。



 韓国の5人組女性アイドルグループCRAYON POP(クレヨンポップ)の新曲「オイ」(原題)が、歌詞に日本語的な表現があるとして韓国テレビ局のKBSから放送不適合の判定を受けた。
 KBS関係者は3日、最近行われた歌謡審議の結果、新曲「オイ」の歌詞のなかで、日本語のピカピカのピカを入れた「ピカポンチョク」という表現が問題になったと明らかにした。
 これに関連し、所属事務所の関係者は「歌詞を『ポンチョクポンチョク(ピカピカの韓国語)』に修正し、直ちに再審議を申し入れた」と述べた。
 「オイ」は、昨年のヒット曲「BAR BAR BAR」のリリース以来10カ月ぶりの新曲となる。非常に独特なコンセプトのグループとあって、発表前から衣装やダンスの振り付け、歌詞に関心が集まっていた。新曲の音源とミュージックビデオは今月1日に公開された。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/04/03/0200000000AJP20140403001000882.HTML


これとか割と意味のわからないニュースなんですが、日本語と朝鮮語混ぜたら不謹慎という謎判定。
「チョベリバ」とかいうと敵性語としてしょっぴかれる感じなんでしょうか。








んでこれが双子ユニットのストロベリーミルク(日本ではイチゴミルク)の「OK」。
UU(辻加護)の再来か?的なこと言われて煽られても、いくらメンバー内では若いとは言え24歳でこれやらされるのはやっぱ不憫だよなあと思ってしまいます。「かわいい!」より先に「苦労してんだな」というのが来てしまう。
前回取り上げた時も書いたけど、26歳とかでももクロのコンセプト引っ張ってこられるメンバーが不憫。
曲に関してはよくわかりませんが、「OK」というわかりやすい言葉を取り上げるセンスはいいんですよね。



イベントに関しては、ちゃんとチケットが取れたら、行ってみようとは思います。

[ 2014/11/04 03:34 ] アイドル | TB(0) | CM(2)
Loading